カテゴリー別アーカイブ: 美肌

皮ふのゴールデンタイム

中でも夜の10時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムと言われており、お肌の新陳代謝が一層盛んになります。この夜10時から2時の間に布団に入ることが一番良い肌の手入れ方法だということは間違いありません。
ことさら寝る前の歯のブラッシングは大切。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、寝る前はきちんと歯を磨きましょう。しかし、歯のブラッシングは何度も行えば良いわけではなく、クオリティを向上することが重要です。
頭皮のコンディションがおかしくなる前に正しいケアをして、健康的なコンディションをキープしましょう。状態がおかしくなってからケアし始めたとしても、その改善には時間を要し、費用も手間もかかります。
日本の美容外科の経歴において、美容外科が「正しい医療」との認識と地位を与えられるまでに、案外月日を要した。
本来、健康なお肌の新陳代謝は28日周期になっていて、何時も新しい肌細胞が生まれ、一日毎に取り去られているのです。このような「日々の生まれ変わり」によって皮ふは若々しさをキープしています。
美白という考え方は1995年から1999年頃にかけて美容家で料理研究家の鈴木その子が必要性を説いて人気になったのは記憶に新しいが、それよりももっと前からメラニン色素が原因のしみ対策のタームとして使用されていた。
本来、健康な皮ふの新陳代謝は4週間毎のサイクルになっており、いつも肌細胞が作られ、何時も取り去られているのです。これらの「日々の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しさをキープし続けています。
湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の主因としては、1.腸内・表皮・肺・口腔内などにおける細菌叢、2.遺伝的な要素、3.栄養、4.環境面での要素、5.それ以外の考え方などが主に挙げられている。
メイクの欠点:ランチタイムには化粧直しをする必要にせまられる。洗顔して素顔に戻った時のギャップ。メイク用品にかかるお金が案外痛い。化粧無しでは外に出られないある種の強迫観念。
メイクアップでは目立たなくする行為に重きを置くのではなく、リハビリメイクを介して最終的には患者さん自身が己の容貌を受容することができ、社会復帰すること、またQOL(クオリティーオブライフ)を更に高めることを目的としているのです。
審美歯科(しんびしか)は、第一に美しさを考えたトータルな歯科医療のこと。歯の存在意義には物を噛むなど機能的な一面と、審美面があるが、両方とも健康についてはとても大切な要素だと考えている。
頭皮は顔の皮ふと一続きになっており、おでこもスカルプと一緒だとみなすことはさほど知られていません。加齢に従いスカルプがたるむと、その下にある顔の弛みの原因になります。
紫外線を浴びてできてしまったシミをなんとか目立たなくさせようとするよりも、作られないように防護したり、お肌の奥に巣食っているシミの子どもを防御することの方が大切って分かっている人はまだ多くありません。
屋外で紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法は3種類。1.日焼けして赤くなっているところを冷やす2.いつもより多く化粧水をパッティングして潤いを保つ3.シミ予防のためにも剥がれてきた皮をむいては絶対に駄目だ
アトピーという病名は「限定されていない場所」という意味のアトポスと言うギリシャ語から派生して、「遺伝的因子を持つ人だけにみられる即時型のアレルギーに基づく病気」を表すものとして名付けられたと考えられている。